向ヶ丘遊園跡地に商業施設が2023年開業!テナント&アルバイト求人情報

向ヶ丘遊園に新しい商業施設が開業

小田急電鉄は、2002年に閉演した川崎市多摩区に広がる向ヶ丘遊園の跡地に、
商業施設をはじめ温浴施設や自然体験エリアを軸とする計画概要を発表しました。開業予定は2023年を予定しています。

開発コンセプトは「人と自然が回復しあう丘」。「人」も心と身体をリフレッシュ(回復)していく場所とし、「憩い」や「賑わい」の拠点になるような願いが込められています。

約16万2700平方メートルの敷地を、温浴施設エリア、商業施設エリア、自然体験エリアの3つに分割。

商業施設エリアは複数の建物が建設され買い物店や飲食店が入居する予定となっています。

温浴施設エリアは、伝統的な温泉旅館を連想させる日本家屋をイメージし、露天風呂から貸切個室風呂、着衣サウナなども設けます。

自然体験エリアはアウトドア系施設やグリーンショップなど、これまで生田緑地になかった機能を導入。グランピングやキャンプといった宿泊機能を計画するほか、イベントなどの開催も予定しているそうです。

そもそもなんで向ヶ丘遊園って名前なのでしょうか?

向ヶ丘遊園は、神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8-1で1927年から2002年まで営業していた小田急電鉄系の遊園地。 遊園地は閉園したものの、小田急小田原線の駅名として向ヶ丘遊園駅や、近隣の店舗名で「向ヶ丘遊園店」、近隣のビルなどでは「××向ヶ丘遊園」のようにその名残が遊園地跡地周辺で、多々見られる(wiki)

近くには藤子・F・不二雄ミュージアムもあり、連携した催し物もあるかもしれませんね!
この建設により、かつての賑わいを復活させることができるのでしょうか・・・。

計画予定地をチェック

気になるテナント情報をチェック

現時点で発表されている情報はありません。
情報判明次第、こちらのサイトでも紹介させていただきます。

アルバイト求人情報をチェック

現時点で発表されている情報はありません。
情報判明次第、こちらのサイトでも紹介させていただきます。







関連コンテンツ



error: