2020年12月開業!小杉サードアベニューのテナント&アルバイト求人情報

武蔵小杉駅に新しい商業施設がオープン

三井不動産レジデンシャル(株)と東急不動産(株)が販売する分譲マンション「Kosugi 3rd Avenue The Residence(小杉サードアヴェニューレジデンス)」内に商業施設がオープンすることが判明しました。オープン時期は、マンション入居時期と同時と予想すると2020年12月になる予定です。

小杉サードアベニューは東急東横線・東急目黒線「武蔵小杉」駅徒歩2分、JR「武蔵小杉」駅徒歩1分に立地。鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上38階地下2階建て。商業施設や「総合自治会館」等の公共施設で構成された低層部(地下1階~4階、一部3階)の施設「Kosugi 3rd Avenue」との一体型複合プロジェクト。

レジデンスの販売価格4,628万~1億5,998万円となっており、資料請求数は3,200件以上、9月以降のモデルルーム来場者数は、累計1,000組以上に達しているという人気ぶり。

すでにショッピングモールが乱立状態の武蔵小杉駅。今まで言い条に魅力的なテナントが入ることを期待します。

立地をチェック

2013年に閉店したマルエツの跡地です。

気になるテナント情報をチェック

商業施設が目指すのは、「もてなす・つなぐ・育てる」をテーマにしています。マンション公式サイトに「EAT、DRINK、SHOPS」と記載されていますので、飲食店やアパレル、医療機関、銀行や公共機関の入居が予想されます。すでに、川崎信用金庫、みずほ銀行の入居は確定しています。

アルバイト求人情報情報をチェック

現時点で発表はありません。情報判明次第、こちらのサイトでも紹介させていただきます。







関連コンテンツ



error: