nanak(ななっく)跡地にmonaka(もなか)が2024年開業!

盛岡市に新しい商業施設がオープン!

盛岡のまちが動き出します。2019年6月に閉店した盛岡市中心部の商業施設「Nanak(ななっく)」の跡地に新たな商業施設の建設が計画されていることがわかりました。2024年の開業を目指しています。

名称は盛岡の中心、「もりおか」の「なか」という意味から「monaka(もなか)」。旧Nanakの建物の解体は2022年に着手する予定です。

新たな商業施設は生鮮食品などを販売するスーパーを中心に物販店がテナントをはじめ、マンションも建設される予定です。新施設の近くには、市などが温浴施設やホテル、子育て支援施設などの機能を備えた新盛岡バスセンター(仮称)の建設を予定。「もなか」との相乗効果で、中心市街地の活性化が期待されます!

なお、旧Nanakの建物の解体は2022年に着手する予定です。

気になるテナント情報をチェック

現時点では、スーパーと物販店のみ公表されています。

Nanak時代は、約1万9000平方メートルのフロアに生鮮食料品、衣料品、飲食、雑貨、スポーツクラブなどのテナントが入居していました。2024年のmonakaでも同様のテナントが入居することが期待されまs。

立地をチェック

アルバイト求人情報をチェック

現時点で発表はありません。情報判明次第、こちらのサイトで紹介させていただきます。





関連コンテンツ


error: