映画館の仕事内容

theatre021-640x479

icon-check-square 映画館のアルバイトは、劇場によっても違いますが大一般的にはいくつか役割でわかれていますので簡単に説明しますね。

映画館での業務は、チケット販売、お客様の誘導・案内・清掃、グッズ・飲食物販売、映写機・フィルム調整といった仕事内容があります。シネマコンプレックスのような大規模な映画館・劇場ではこれらの仕事内容を各アルバイトで分担して行いますが、ミニシアターなどの小さい映画館でアルバイトする場合は、人の数も限られているので複数の仕事を担当するのが一般的です。また、映写は専門的な知識が求められることもあるので社員が担当することが多いようです。では詳しく見ていきましょう。

チケット販売 

「ボックス」と呼ばれる仕事で、チケットの販売の他に上映時間の案内や電話応対などを行います。一番お金が動く場所です。割引入場券、前売り券、無量招待券など様々なチケットも扱うのでレジは結構大変です。お客様とコミュニケーションをとる機会が最も多いため、接客が好きな人向け。

フロア 

客の誘導・チケット切りの仕事は「フロア」と呼ばれ、チケットのチェック、映画の上映前・上映終了後の客の誘導・案内などが主な仕事内容になります。館内温度の管理、飲み終わった飲み物やポップコーンのごみを回収し後程分別をするなんて作業も含まれます。

コンセッション

グッズ・飲食物販売は「コンセッション」などと呼ばれる業務で、パンフレット・ポスターなどのグッズ販売、飲み物・お菓子類などの販売や商品の在庫管理も担当します。映画が始まる前後は大忙しです。スピード感のある判断力が必要ですね。 

どんな人が働いているの?

主婦・学生とフリーターなど万遍なく働いています。午前中や学生が働きづらい時間は主婦・フリーターの方が中心、夕方以降は学生が多くなる傾向があるようです。男女比もどちらかに大きく偏ることも少ないことが一般的です。また、映画館で働くくらいですから、映画好きの方が多いのが特徴的です。

 時給は?

地域にもよりますが「800円~1000円」くらいが一般的なようです。ほかのアルバイトと比較すると若干安いかもしれませんが、映画がタダで見れるようなメリットもあるので、トータルで考えると決して安い時給ではありません。 

映画館の仕事内容
映画館で働くチャンスを掴む
トップに戻る(案件を探す)







error: