2019年春に尾道駅がリニューアル!テナント情報をチェック

尾道駅が124年ぶりにリニューアル!

JR西日本は124年ぶりの建て替えが進むJR尾道駅の施設概要を発表しました。新駅舎は地上2階建てで、店舗面積は約367坪。施設はJR西日本のグループ会社「ジェイアールサービスネット岡山」が運営すします。「サイクリストの聖地」として知られる「瀬戸内しまなみ海道」の起点である尾道を訪れるサイクリストや、瀬戸内エリアの周遊に訪れる観光客をターゲットにしたテナント6店舗が入店します。
1階にはレンタサイクルも可能なテークアウト主体のカフェや昔ながらの懐かしさを残す大衆酒場、土産も販売するコンビニエンスストアが開業を予定します。2階はホステルタイプの宿泊施設や洋食喫茶と物販店舗が入店を予定するほか、尾道水道を一望できるデッキが建設される予定です。

気になるテナント情報をチェック


・エムスリーホステル(宿泊施設)
・ベターバイシクルズカフェ(レンタサイクル&カフェ)
・ONOMICHI STAND(お土産ショップ)
・ミチ(飲食店)
・喫茶レストランNEO(飲食店)
・サワーバー(飲食店)

アルバイト求人情報をチェック

現時点で発表はありません。判明次第、こちらのページでも紹介させていただきます。







関連コンテンツ



error: