2021年開業!大阪中之島美術館(新美術館)の最新情報&アルバイト求人情報をチェック

大阪市中之島に新しい美術館が誕生

大阪市は中之島に「大阪と世界の近現代美術」をテーマとした新しい美術館を2021年度(平成33年度)に開館することを発表しました。

もともと大阪新美術館(仮称)でしたが、公募で1681件の中から「大阪中之島美術館」に決定しました。

建設地は大阪大学医学部の跡地約1万3000平方メートルに建設。黒い箱が水上に浮かぶような外観が特徴で、館内中央には5層の吹き抜け空間を設計。

1階にレストラン・カフェ(計805平方メートル)、講堂(300席)

2階に物販店、キッズスペース、図書室(約10万冊収蔵)・閲覧室

3階に保存研究エリア

4~5階に展示室

所蔵美術品としては、

アメデオ・モディリアーニやウンベルト・ボッチョーニといった海外の大家の名品

大阪ゆかりの画家である小出楢重や池田遙邨、現代美術の吉原治良や森村泰昌の代表作

家具やポスターなどのデザイン作品も幅広い5,600点にも及ぶそうです。

現在は、決まった名称を基にシンボルマークやロゴデザインを考案するデザイナーの公募も行い、今年12月31日をめどに選定する予定です。

運営には、民間の資金やノウハウを活用し、公共サービスの提供を民間主導で行うPFI事業ということなので、話題性の高いカフェやレストランが併設される可能性があります。

施設概要

【地名地番】大阪市北区中之島4丁目32番14
【敷地面積】12,870.54㎡
【延床面積】20,012.43㎡(実施設計時点)

建設地をチェック

国立国際美術館の裏側に建設されます。

気になるテナント情報をチェック

現時点で発表はありません。判明次第、こちらのサイトでも紹介させていただきます。

アルバイト求人情報をチェック

現時点で発表はありません。判明次第、こちらのサイトでも紹介させていただきます。

error: