ススキノラフィラが46年の歴史に幕【閉店】

ススキノラフィラが閉店へ

札幌市中大宇久にあるすすきのの商業施設「ススキノラフィラ」が5月17日に閉店を迎えることになりました。残念ながら、閉店セールは新型コロナウイルスの影響で中止したものの、9日から全館営業を再開した。

1974年に札幌松坂屋としてオープン。その後、イトーヨーカドーが資本参加したことで「ヨークマツザカヤ」「ロビンソン百貨店札幌店」。2009年に現在の名称である「ススキノラフィラ」に現在に至っています。

業績不安の中でコロナウイルスの流行というダブルパンチ。コロナ前に120以上あったテナントは現在、80ほどと閉店前に退店を選ぶテナントが多かったようです。残念ながら、閉店後にビルは取り壊しになるとのことです。今回、閉店のセレモニーは見送るらしくお別れはできないということだそうです。

ススキノラフィラの今後

取り壊し後・・・なんと2023年ころに新しいビルがオープン。17階建てのビルに中・上層部にホテル、中層部にシネコン、低層部や地下に「イトーヨーカドー」や「アインズ&トルペ」などが入ることになりそうとのことです。現在のところ、新ビル建築の予定に変更はないとのことです。

ラフィラの意味

「ラフィラ」とは、フランス語で「紡ぐ」を意味する「FILER」(フィラ)に女性冠詞の「LA」(ラ)を組み合わせた造語であり、女性的な優しさ、豊かさ、麗しさ、都会的、自由さ、豊かで素敵な毎日を過ごしてもらいたい、夢や心を紡ぎたいといった願いが込められている。

ススキノラフィラ

ススキノラフィラURLはこちら

http://www.lafiler.com/

これまでの感謝の映像を見ることができます。





関連コンテンツ


error: