2023年開業!ススキノラフィラ跡地のテナント&アルバイト求人情報

ススキノラフィラが閉店へ

札幌市中大宇久にあるすすきのの商業施設「ススキノラフィラ」が5月17日に閉店を迎えることになりました。残念ながら、閉店セールは新型コロナウイルスの影響で中止したものの、9日から全館営業を再開した。

1974年に札幌松坂屋としてオープン。その後、イトーヨーカドーが資本参加したことで「ヨークマツザカヤ」「ロビンソン百貨店札幌店」。2009年に現在の名称である「ススキノラフィラ」に現在に至っています。

業績不安の中でコロナウイルスの流行というダブルパンチ。コロナ前に120以上あったテナントは現在、80ほどと閉店前に退店を選ぶテナントが多かったようです。残念ながら、閉店後にビルは取り壊しになるとのことです。今回、閉店のセレモニーは見送るらしくお別れはできないということだそうです。

ススキノラフィラ跡地について

取り壊し後・・・なんと2023年ころに新しいビルがオープン。1階から4階には主に飲食店、5階から7階には映画館、7階から18階はホテルが入る予定です。

「イトーヨーカドー」や「アインズ&トルペ」などが入ることになりそうとのことです。現在のところ、新ビル建築の予定に変更はないとのことです。

気になるテナント情報をチェック

先述の通り「イトーヨーカドー」「アインズアンドトルペ」「映画館」の入居が決まっています。本施設に「東急不動産」が関与していることから、映画館は「109シネマズ札幌」という名称になると想定されます。

詳細が判明次第、こちらのサイトでも紹介させていただきます。

立地をチェック

ススキノラフィラURLはこちら

http://www.lafiler.com/

これまでの感謝の映像を見ることができます。





関連コンテンツ


error: